東京スウェーデン語学校 toppageへ戻る

よくあるご質問Q & A


受講するにあたって

Q:かつてスウェーデン語を勉強したことがあるのですが、どの講座に申し込みをしたらよいか分かりません。どうしたらよいのでしょうか。

A:講師と相談して決めることもできますし、御希望の講座にトライアルで参加していただいて、ご自分で決めることもできます。又、選択された講座のレベルが高すぎたり低すぎたりしてしまう場合は、こちらからクラスの変更をお勧めします。

Q:お休みしたり、途中から通学できなくなった場合はどうなりますか。

A:当校では振替制度を導入しておりますので、お休みされた場合は次回開講時のお休みされた回に無料でご参加戴けます。振替授業の期限は特設けておりませんが、なるべく早く取り残しをとられることをお勧めします。また引っ越しや出産など病む終えない理由で通学出来なくなる場合は、特例として別のクラスへの振替も認められていますので、どうぞご相談下さい。また、手工芸クラスの場合は休んだ回数を定員に達していない場合のみ次期開講時以降に、振り返ることができます。


Q:1年に何回開講されるのですか。

A:年間で4回(冬学期1-3月、春学期4-6月、夏学期7-9月、秋学期10-12月)開講致します。


Q:開講講座は毎学期同じものですか。

A:講座は、毎学期異なります。次期開講科目は学期の終わりにお知らせします。


Q:教科書はどこで買えますか。

A: 入門1と会話1で使うものは購入可能です。それ以外の教科書はコピーしたものを配布致します。



Q:申し込み締切り日に間に合わなかった場合でも受講は可能ですか。

A:定員に余裕があれば随時受け付けます。


Q:締切り日はいつですか。

A:授業開講日の1週間前になっています。申し込み状況を踏まえ開講講座を決定しますので、授業開始1週間前までお申し込みされることを御願いします。



Q:定員がありますが、申し込み人数が定員を超えた場合、どのような形で調整が行なわれるのですか。

A:締切り日迄にお申し込み下さった方の以下の点が考慮の対象となります:

1) 基礎文法をいくつ受講したか

2) 前学期からの継続であるか

3) 過去にどの程度勉強したか

受講生の方にとって少しでも充実した授業になることを前提として、このような定員制にしました。


Q:希望した講座を受講できますか。

A:定員制の講座に限りまして、調整が必要な場合がございます。お申し込み頂いた方には開講日の一週間前にこちらより御連絡いたします。


Q:何か必要な図書はありますか。

A:文法書に関しては山下泰文著「スウェーデン語文法」大学書林をお勧めします。


Q:辞書は何を買ったらよいですか。

A:尾崎、田中編「スウェーデン語辞典」大学書林あるいは

Stora svensk-engelska ordboken. Esselte. Stockholm. (瑞英辞典)

Stora engelsk-svenska ordboken. Esselte. Stockholm. (英瑞辞典)

をお勧めしますが、もし既に御購入された物があればそちらをお使い下さい。



Q:見学はできますか。

A:見学というよりも、1回のトライアル参加という形になります。定員に達していない講座のみ受け付けます。


通学

Q:通学から通信講座に変更できますか。

A: 基本的にはお断りしておりますが、事情により考慮致したく思います。当方の講座は繰り返し同じ授業が開講されますので、学期中に通学が不可能になってしまった場合は同じ講座の次期開講時に振り替えて頂くことをお勧めしています。

Q:学期の途中の参加は可能ですか。

A: 基礎文法は、いつ始められても結構ですが、読解や会話は定員に満たない場合のみ受け付けます。


Q:初心者の為の講座には何がありますか。

A:入門と基礎文法1〜4があります。まずは慣れることから始めたい、と思われる方は入門から始められることをお勧めしますが、時間的な余裕の無い方は基礎文法から始められてもよいと思います。


Q:入門講座と基礎文法1を平行して受講することは可能ですか。

A:スウェーデン語とはどんな言語であるのかまず知りたいという方には、入門を受講されることをお勧めします。更に基礎文法1を平行して受講して頂くと、より効果的であると思います。短期間でスウェーデン語を習得したい方にはこの形態はお勧めです。


Q:基礎文法は1〜4に分かれていますが、二つ以上の講座を平行して受講することは可能ですか。

A:基本的に基礎文法は初心者の方の為の講座なので、平行して取ることは可能ですが、ただ、御自身の目的意識にもよります。基礎文法は必要性の高いものから、1〜4の順番になっていますので、3,4の受講を希望される方は平行して1あるいは2を受講されるのが宜しいかと思います。


Q:基礎文法を希望する回だけ参加したいのですが。

A:もちろん、大丈夫です。こちらで教材の準備等がございますので、必ず御希望の授業日の3日前迄に御連絡下さい。


Q:基礎文法を受講していないのですが、応用文法を受講できますか。

A:応用文法の内容を理解するには、ある程度の文法の知識と、読解能力が要求されます。ご自身で平行して基礎文法や読解を補えるのであれば、受講できると思います。演習を潤滑に進める為、毎週宿題がありますが、宿題をしてこられるだけの時間的な余裕をお持ちの方に参加して頂きたいと思います。



通信講座

Q:通信講座と通学は同じ内容なのですか。

A: そうです。通信講座は何らかの理由で通学できない方や希望する講座が無い方の為に始めました。将来、通学が可能になった時に通学クラスと合流しやすい、という長所を持っています。


Q:通信講座ではどの講座が学べますか。

A: 通信ではできるだけ、皆様の御要望にお答えしたいと思います。こちらより目的に合わせた教材を提案させて頂きますので、是非御相談下さい。


Q:受講料22000円には何が含まれているのですか。

A: 添削料と教材、郵送料です。


Q:通信講座はどこへ送ったらいいのですか。

A: 学校までお送り下さい。住所は106-0032 港区六本木3-8-7サクセスビル303です。


Q:どのようなシステムになっているのですか。

A: まず、こちらからまとめて教材を送りますので、3ヶ月の間に基礎文法の方は練習問題を答えて頂き、読解の方はスウェーデン語の文章を翻訳して、講師宛に随時送って下さい。3ヶ月の間で御自分のペースに合わせて学習することができます。頂いたものは1週間以内に添削してお返しいたします。


Q:通信講座から通学に変更できますか。

A: 基本的にはお断りしておりますが、事情により考慮致したく思います。


プライベートレッスン

Q:どのようなシステムになっているのですか。

A: 基本的にはプライベートレッスンですので、講師と都合のよい日時を相談の上、授業日を決定します。1回(2時間20分)で12 000円です。初回時のお申し込みの時に、何回御希望されるのかお知らせ下さい。一度決定したスケジュールは1回まで変更できます。一度お申し込みをされた方で、継続を希望される場合も、改めてお申し込みをされる様御願い致します。日時のお申し込みをされる時に、具体的に何を重点的に学習したいのか明確にお知らせ下さい。

東京スウェーデン語学校 toppageへ戻る